search
2021.5.7

古の祈りを繋ぐ
奈良・春日大社 Kasuga Taisha Shrine

  • text / photo STUDIO HAS

受け継がれて来た祈り

遡ること約1200年ほど前。
平城京の遷都に際し、この地を守る神を祀るため、春日大社は創建された。
その神が宿る地として考えられていたのは、都の東にそびえる「御蓋山(春日山)」であった。
平城京に遷都をしたばかりの頃は、「御蓋山」それ自体を神として祀っていたという。
その起源は、常陸(茨城県)の鹿島から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を祭神として、この地に迎えたことにあると伝えられている。
その際に、神様が乗っていたのが、白い鹿であったという。
その言い伝えから、春日大社は「鹿」を神の使いとして大切に守るようになったと言われている。

春日大社では、20年に一度、御社殿を造り替える「式年造替」を創建の時から途切れることなく続けて来た。
その回数は、これまでに60回を数え、60回を越えるのは「伊勢神宮」と「春日大社」のみ。
そうした連綿と重ねられて来た人々の祈りと営みが古の記憶を決して途絶えさせることなく、今に伝えている。

今もなお悠久の時を刻み続けている春日大社。
この地には、幾星霜の時の流れの中で受け継がれて来た、数多の人々の祈りが途切れることなく、今も静かに流れ続けている。

春日大社
  • text / photo STUDIO HAS
  • text / photo
    STUDIO HAS

    STUDIO HAS(スタジオ・ハス)は、京都を拠点に、編集とデザインを通して、 暮らしの中にある物語を紡いでいくクリエイティブスタジオです。
    美しい物語と人を繋いでいくことを指針とし、HAS Magazine(ハス・マガジン)の運営の他、様々なデザインワークを手掛けている。

Related