お気に入り登録について
About Favorite Function
本サイトのお気に入り機能は、気になる記事、後から読み直したい記事など、お好きな記事をご登録頂くことで、読者の皆様独自の記事のアーカイブを作成出来る機能です。当サイトの、お気に入り機能は、全てのユーザーがご利用頂けますので、是非お気軽にご利用下さい。
search

title

光と影、人々の物語が織り成す 現役最古の官公庁舎 「京都府庁旧本館」を訪れて1/2
Contents

1数奇な運命に翻弄された建築家の物語

将来を嘱望された若手建築家が設計

「京都府庁旧本館」は、当時26歳の若さであった 京都出身の建築家 松室重光(1873〜1937)の手によって設計された。
今から遡ること100年以上も前の1904年(明治37年)に竣工したという、その内に一世紀もの長い時の流れを秘めている洋館だ。
平成という時代が終わりを告げ、新たな元号である令和という名前が発表された今、明治、大正、昭和、平成という四つの時代の移り変わりと共に歩んで来たことになる。

京都府庁旧本館

建設当時、国内に蓄積された西洋建築技術の粋を結集し、設計され「現今府県庁の建築としては、東京、京都、兵庫の二府一県なるが、吾輩が観る処によれば新式なるだけの点に於いて京都は遙かに東京、兵庫を凌駕し、全国第一として誇るに足るべし」とも言われ、全国から見学者が絶えなかったと言われている。

設計を担当した建築家の松室重光は、当時の京都の地においてはじめての建築家であり、西の伊東忠太(1867〜1954)とも称されるほどの建築家であったという。
伊東忠太という建築家は、「平安神宮」、「築地本願寺」などの代表作で知られ、法隆寺が日本最古の寺院建築であることを学問的に示すなど、日本の建築史の体系を初めて樹立した人物でもあり、押しも押されぬ建築界の巨人の一人である。
そうした人物と並び称されたという事実に、松室重光の建築家としての評価の高さを窺い知ることが出来る。

時代の面影を感じさせる建築様式は、多くの人を惹きつけ、撮影の現場でも使われることも多い。

夢の彼方へと消えた美しい景色

また松室重光は、西洋建築だけでなく、古社寺保存にも積極的に関わった人物としても知られ、浄瑠璃寺、平等院鳳凰堂、大徳寺唐門、清水寺本堂など今もなお広く知られる数々の寺院の保護に携わっていた。
そうした活動を背景にしながら、1898年から古社寺保存運動の中心人物でもあった内貴甚三郎が市長になったことが機縁となり、「古都」 京都復興のための都市計画にも中心的に関わるようになる。
そうした活動の中で、かつての羅城門跡と朱雀門跡を結ぶ道路(現在の千本通)を広げ、歴史を認識できる美しい街づくりの実現を構想していたという。

しかし、そうした志とは裏腹に、1904年、なんと京都府庁の完成後に部下の汚職に連座したとして官職を辞し、京都を去らねばならないことになったのである。
その後、松室は各地を転々としながら、1930年に独立し、松室建築事務所を構えるものの、その後京都において新たな建築を手掛けることはなかった。事実上、京都府立旧本館が京都での遺作になったのであった。

夢物語に過ぎないが、もし松室重光がそのまま京都で建築家としての活動を続けていたのなら、今私たちが目にしている京都の景色とは全く異なる美しい景色が広がっていたのかもしれない。
この洋館の背景には、そんな一人の人間が描き出した、儚くも消えていった美しい夢の景色が隠されているとも言えるのではないだろうか。

桜の木と共に変わりゆく人々の想い

購入・ストリーミング
1 2
松室重光(建築家 )
1873年京都生まれ、1936年没。京都で誕生した初めての建築家。京都を中心に数多くの建築物を手掛け、ネオ・ルネサンス様式の名建築として知られる京都府庁舎旧本館や、京都ハリストス正教会聖堂などの設計を行なったことで知られている。古社寺保存にも積極的に関わり、浄瑠璃寺、平等院鳳凰堂、大徳寺唐門、清水寺本堂など今もなお広く知られる数々の寺院の保護に携わった。
七代目 小川治兵衛(庭師)
1860年 京都府長岡京市生まれ、1933年没。明治・大正を代表する庭師として知られる。明治10年(1877年)に宝暦年間より続く植木屋治兵衛である小川植治の養子になり、明治12年(1879年)に七代目小川治兵衛を襲名。水の流れを生かした自然な景観作りを得意とし、水と石の魔術師とも謳われ、名勝 無鄰菴を筆頭に、南禅寺界隈の財界人の作庭を手掛けた他、平安神宮神苑、円山公園、慶沢園(大阪・天王寺)など数々の名庭を手掛けた。
十六代目 佐野藤右衛門(造園家)
1928年京都市生まれ。天保3年(1832年)より続く、京都・嵯峨野にある造園業「植藤」の当主として、1981年、十六代を襲名。 父、十五代佐野藤右衛門のもとで庭師として研鑽を積み、彫刻家イサム・ノグチとフランスをはじめ国外でも活動を行う。 父の死後、祖父の代から続く、桜の保存活動を全国各地を渡り歩きながら行っている。
photo / text : STUDIO HAS
Share the Article
光と影、人々の物語が織り成す 現役最古の官公庁舎 「京都府庁旧本館」を訪れて
2019.4.1
Support記事をサポート
Support
For Beautiful Story
ひとつひとつの物語に丁寧に向き合って頂きたいという思いから、基本的に広告掲載は行なっておりません。 記事をお読み頂き、何かしらの価値や共感を感じて頂けましたら、サポートをして頂けると幸いです。
運営費として大切に使わせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。
サポートにはPaypal.meを利用しています。