HAS Magazine
HAS Magazine
HAS Magazine
search

Membership

HAS Magazineは、メンバーシップにご登録頂いた皆様へお届けする様々な物語をご準備しています。ご利用スタイルに応じて、お選び頂ける各種プランがございます。
旅に出るように、まだ見ぬ美しい物語との出会いをお楽しみ下さい。

Home/ Story/ / さざなみの記憶と滋賀の祈り・最終編

さざなみの記憶と滋賀の祈り

Prayer of Shiga
最終編

静かに打ち寄せては、消えてゆく波の音。
夕暮れには、穏やかな湖面がゆっくりと夕日に染まり、
その美しさを讃えるかのように、
鳥たちが羽ばたきながら彼方へと消えてゆく。

ここ滋賀の地は、一面に広がる湖と周囲を取り囲む美しい山々によって、古の時代から数々の物語が紡がれて来た。
そんなこの地に息づく様々な物語に耳を澄ましてゆくと、
ある途方もない祈りの言葉に辿り着いた。

それは、無数の人々の想いと悠久の自然によって、時を越え紡がれて来た、決して古びることのない祈り。
そして、その祈りの中は、私たちが失いつつある大切な記憶が流れていた。
そんな祈りの言葉を紐解きながら、この地に宿る物語を紡いでゆきたい。

滋賀県
Shiga Prefecture

一面に広がる湖・琵琶湖と周囲を取り囲む山々によって、詩情豊かな美しい風景が紡がれる土地・滋賀。
その歴史は古く、遡ること約1万年前には、この地で暮らす人々の足跡が残されている。
かつては「近江国(おうみこく)」として呼ばれ、その呼称の起源は、奈良時代(710-740)に遡る。
奈良の都に近い淡水の湖として、当時の琵琶湖の呼称として用いられていた「近つ淡海(ちかつあわうみ)」が転じて、「近江国(おうみこく)」として呼ばれていた。
その後、江戸から明治への時代の移り変わりの中で、廃藩置県、廃仏毀釈などの様々な行政制度の改革に伴い、大津県を経て、明治9年(1876年)に、現在の呼称である滋賀県と定められる。

最終編
山水の記憶に導かれて
Mountains and Waters

祈りの故郷を辿る

自然との調和が育んだもの

様々な人々の物語を辿りながら、途方もない祈りの言葉とその祈りが生まれた背景を辿って来た。
そして、その中で辿り着いた、なぜ滋賀の地でそうした祈りが育まれたのかという疑問。その疑問を紐解いてゆくために、まずはその祈りが生まれた中国・天台山に流れる物語に耳を澄ましてゆきたい。

天台宗発祥の地・中国の天台山は、神の宿る霊山として古の時代から崇められていたという。
その地に、僧・智顗(ちぎ)によって、遡ること1500年ほど前に、天台宗が開かれることになる。

そして、この地はまた、道教の聖地でもあったという。
道教とは、儒教・仏教に加えて、中国の三大宗教の一つ。
哲学者・老子を始祖とし、育まれた教えである。

万物の根源となる「道(タオ)」を教えの根幹とし、「無為自然」であることを説いた。
「道」に従い、作為的なことをせず、自然のままに、あるがままにあること。
そして、万物と調和した生き方をすることがもっとも素晴らしい人生の在り方であると語られている。

その教えの多くは、自然現象を例に語られており、老子が語ったとされる言葉の中にも表れている。

「最上の善なるあり方は水のようなものだ。水は、あらゆる物に恵みを与えながら、争うことがなく、誰もがみな厭(いや)だと思う低いところに落ち着く。だから道に近いのだ。」

この言葉は、水を例に、人としての至高の生き方を語った言葉。
このような自然と調和する思想が息づく場所で、天台宗は生まれたのであった。

インドで育まれた人々を救うための祈りから、「草木国土悉皆成仏」というあらゆる生命を内包した祈りへと変化していったのは、その道教の影響があったのではないかとも言われている。

この地に息づく自然へのまなざしが、インドから伝えられて来た仏教の教えと結び付き、あらゆる生命へのまなざしを育み、その祈りを途方もないものへと導いていったのである。

遥かな海を越えて

国を越え紡がれた仏教の教えと道教の自然へのまなざしが響き合い生まれた、途方もない祈り。
しかし、この祈りは決して中国仏教の主流とはならなかった。
それは、中国の持つ自然観が影響していたのかもしれない。

中国は、早くから農耕文明を発展させていた。
そのため人と自然との関係は、早くから畏れ敬う対象ではなく、人がコントロール出来る対等な存在として扱われていた。

文明社会への意識の芽ばえが、人々だけではなく、あらゆるものに命が宿るという思想を受け入れ難いものにしたのかもしれない。

またそのことに加え、この地は山深い場所に位置し、天台山の周囲には幾重もの山々が連なっていた。
そのため自らに向き合い、考えを深めてゆくには適していた場所ではあったが、
そこで育まれたものを多くの人々に広めてゆくには不向きな環境だったのかもしれない。

そうした中国での発展を阻んだ様々な要因が考えられるが、この祈りが生まれた背景には、自然と調和する思想が確かに息づいていたのだ。
その後、天台宗の開祖・智顗の死から200年の時を経て、この地を訪れた最澄によって、その祈りは滋賀の地に伝えられる。

そして、遥か海を越え、滋賀・比叡山の地に根を下ろしてゆくのである。

山水が紡いだ祈り

山々が育んだ祈り

中国からもたらされた祈りが最初に根を下ろした場所、比叡山。
この地は、天台宗・発祥の地、天台山と同様に、古来から神が宿るとされ、霊山として崇められていた。

この里山に住む人々はみな、朝夕、その山々を仰ぎ見ながら、様々な祈りを捧げていた。
とりわけ夕暮れが沈む時の比叡山の山並みは美しい。
太陽が比叡山の向こう側に消えようとする時、山々と空の境を美しい光の線が縫うようにして、その山の稜線を描いてゆくのだ。
その美しい景色は、人々の信仰をより深いものにしたに違いない。

日本最古の歴史書「古事記」の中でも、この地に神が宿っていることが綴られている。
そして、今から遡ること2100年程前。当時の天皇・崇神天皇によって、この地に宿る神を祀るため、今なお現存する日吉大社が創建された。
中国での天台山における道教に変わり、比叡山では日本古来の神を祀る、神道の教えが遥か古の時代から脈々と流れていたのだ。

それは日本人が古来から育んで来た、あらゆるものに神が宿るという自然への想いが深く根付いていた場所でもあったと言えるだろう。
だからこそ「草木国土悉皆成仏」という万物への祈りは、より深い信仰となり、この場所で祈りを捧げる人々の心の中に深く根差していったのではないだろうか。

そして、最澄の没後、同じくこの地で天台宗に帰依した僧侶・相応(そうおう)によって、千日回峰行という行が始められる。
これは、7年もの月日を通して、比叡山の山々を巡りながら、祈り、歩き続けるという途方もない行である。
その行を通して歩く距離は、なんと約地球一周分にも達するという。

行者は、毎日のように山々を歩きながら、草木や石といった、山に存在するあらゆる自然物に仏を見出し、祈りを捧げる。
その行の繰り返しは、やがて行者に自分自身が山に溶け込んでゆくような感覚を抱かせるという。

まさにそれは祈るということを頭ではなく、体を通して理解することになり、より深い信仰へと高めていったに違いない。
そうした比叡山と人々との関わりが、遥か異国の地で紡がれた祈りを日本の地でより深く育んでいったのであった。

その祈りはやがて鎌倉時代になり、現在に続く新たな仏教宗派となる鎌倉仏教を生むきっかけとなってゆく。
中国では、天台山での発祥後、大きな広まりを見せることはなかったのだが、ここ滋賀の地では、決して消えることなく、その姿を少しづつ変えながら静かに広まってゆくのである。

そして、その広がりを生み出す原動力となってゆくのが、この地で悠久の時を越え、恵みの水を湛え続ける琵琶湖であったのだ。

水の恵みが紡いだ祈り

琵琶湖は、古の時代から、この地の生命をつかさどる恵みの湖として、悠久の時を刻み続けて来た。
周囲を取り囲む山々には、神が宿り、その神々の山から流れ出る水が注がれる琵琶湖には、数々の水の信仰が生まれたという。

その湖の存在は、比叡山がそうであったように、この地に住む人々の自然への信仰をより深いものにしたに違いない。
そのことがまた途方もない祈りを育んでゆく、大きな機縁となったのであろう。

だがそれだけでなく、琵琶湖は、この物語のはじまりでも綴った通り、水上交通の要衝として、古くから様々な人々や文化を運ぶ役割も果たして来た。
古の時代、砂漠という空白地帯がシルクロードという一大交易ルートを生み、多様な文化を結び、豊かな文化を花開かせたように。

僅かな期間ではあるが、この地に大津京という都が生まれたのも、そうした文化的背景があったとも言われている。

またその後、江戸時代から明治にかけて、日本三大商人の一つとも言われる近江商人がこの地で生まれ、日本全国で活躍してゆくのだが、その活躍の影にもこの湖上交通は大きな役割を果たしたと言われている。

琵琶湖は、古の時代から水の恵みをもたらす場所であると同時に、多様な文化を受け入れ、多くの人々にその文化を届けてゆく、文化の繋ぎ手となる場所であった。
だからこそ、この地では多様な文化が受け入れられ、息づいた。

異国の地で生まれ、比叡山で育まれた「草木国土悉皆成仏」という途方もない祈りが、決して比叡山だけでとどまることなく、この地で受け入れられ日本全体へと広がっていったのは、この琵琶湖が大きな役目を果たしているのではないだろうか。

山々から湧き出る水がやがて川となり、琵琶湖へと注がれ広がってゆくように、比叡山で育まれた途方もない祈りは、人々の心の中にゆっくりと広がっていったのである。

この地に宿る途方もない祈り。
その祈りの記憶を辿ってゆくと、古の時代から悠久の時を刻みながら連綿と重ねられて来た、自然と人々の想いが織り成す物語が流れていたのである。

さざなみに耳を澄まして

あらゆる生命に捧げられた途方もない祈り。
その祈りに宿る様々な物語を辿ってゆくと、私たちが失いつつある、自然と人が調和していた古の時代の記憶に辿り着いた。

「草木国土悉皆成仏」という言葉。
それは、仏教の長い歴史と様々な人々の想いが結びつき生まれた、祈りの言葉。
だがその言葉を紐解いてゆくと、その奥底に流れているものは、特定の教えや宗教ではなく、自然との深い関係の中で育まれた、暮らしに根ざした人々の想いであったのだ。

今を生きる私たちにとって、祈りという言葉は、どこか遠く、暮らしからかけ離れた特別なものであるように感じてしまう。

だが時を遡ってゆくほどに、それは決して暮らしとかけ離れたものではなく、確かな暮らしの中にこそあり、その暮らしの中で共に育んで来たものなのだと感じさせられる。
むしろ、そうした祈りこそが、人々の暮らしに確かさを与えていたのではないだろうかと。

かつて人々は、神話を語り、物語を紡ぐことで、自らの存在を自然の中に見出していた。
自然と共に生き、その恵みに生かされ、時に奪われさえもした、古の人々の暮らしの中で、自然との結び付きを深く感じることが、彼らの暮らしに確かさを与えていたのだ。

そして、時を重ね、様々な文明を生み出してゆくことで、
やがて自然との結びつきは、ほどかれてゆき、自らの故郷の物語は、遥か彼方へと流れ去っていった。

そうして生み出された科学技術の進歩は、私たちの暮らしに大きな恵みをもたらしたことは語るまでもないだろう。
そして、そこにはまた、それぞれの時代を懸命に生きた人々の物語が流れているのだ。

かつて古の人々が確かさを見出した神話のように、無数の人々の夢や希望、挫折を重ね、歩み続けた途方もない確かな物語が。
それもまた私たちが忘れてはならない物語なのだと思う。

そんな古の時代の物語と進歩を重ねてゆく中で紡がれた物語をともに見つめ、それぞれの物語に流れる光を見出し、新しい時代の物語を紡いでゆくことが今を生きる私たちに求められていることなのかもしれない。

そして、この地に息づく途方もない祈りは、そんな古の時代の物語と新たな歩みを重ていった人々の物語が交錯した時に、ひとつの祈りの言葉として生まれ落ちたのである。

だからこそ、この祈りの言葉には、古の時代の物語を今に結んでゆく手がかりが隠されているのではないだろうか。

フランスの小説家、サン=テグジュペリの著作「人間の土地」という小説の冒頭の一節で綴られた、ひとつの言葉がある。
この小説は、自らの飛行士としての体験をエッセイとして綴り、紡がれたもの。
サン=テグジュペリ(1900年 – 1944年)は、今なお世界中で愛され続ける代表作「星の王子さま」を描いた小説家であり、飛行士であった。

そんな彼が紡いだ、その物語の書き出しには、こう綴られている。

「ぼくら人間について、大地が万巻の書より多くを教える。」

これは、自ら飛行士として、大空を飛び回りながら、無数の人々の暮らしの灯や一面に広がる大地を自らのまなざしを通して見つめた、彼自身の体験を通して生まれた言葉。

そして、ここ滋賀の地では、サン=テグジュペリが紡いだ言葉のように、
この地に息づく、悠久の時を越え、恵みの水を湛える湖、琵琶湖こそが万巻の書より多くのことを私たちに教えてくれる気がするのだ。

私たちがこれから紡いでゆくであろう新たな物語。
そこにはきっと、難しい言葉ではなく、誰もが心で感じることの出来る、瑞々しい確かな感触が必要なのではないかと思う。

そして、その感触を心で感じることの出来る場所がこの地にはある。
だからこそ、まずはこの地を訪れ、言葉ではなく感じることから始めてみたい。

途方もない祈りの物語に思いを馳せ、
寄せてはまた打ち返す、その静かなさざなみの記憶に、耳を澄ましながら。■

Reference :

  • 「図説・滋賀県の歴史」
    編集:
    木村 至宏
    出版:
    河出書房新社
  • 「琵琶湖 - その呼称の由来」
    著者:
    木村 至宏
    出版:
    サンライズ出版
  • 「京滋びわ湖山河物語」
    著者:
    沢 潔
    出版:
    文理閣
  • 「近江古代史への招待」
    著者:
    松浦 俊和
    出版:
    京都新聞出版センター
  • 「人類哲学序説」
    著者:
    梅原 猛
    出版:
    岩波新書
  • 「最澄 - 京都・宗祖の旅」
    著者:
    百瀬 明治
    出版:
    淡交社
  • 「鎌倉仏教」
    著者:
    平岡 聡
    出版:
    角川選書
  • 「滋賀県の百年」
    著者:
    傳田 功
    出版:
    山川出版社
  • 「老子」
    翻訳:
    小川 環樹
    出版:
    中央公論新社
  • 「人間の土地」
    著者:
    サン=テグジュペリ
    翻訳:
    堀口 大學
    出版:
    新潮文庫
Category :
  • text / photo :
    HAS
    暮らしに美しい物語を。HASは、多様な美しい物語を通して、「物語のある暮らしを提案する」ライフストーリーブランドです。
Chapter list

Other Stories