search

title

「没後10年・ロニスの愛したパリ WILLY RONIS展」が京都・何必館にて開催

アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノーと共にフランスを代表する写真家ウイリー・ロニス(1910-2009)の展覧会が京都・何必館で、2019年4月11日(木)~2019年6月23日(日)まで開催されている。 生涯をパリ市民として暮らしたロニスの写真は、劇的な印象を与える瞬間というよりも、パリで暮らす人々の何気ない日常を穏やかな眼差しで捉えた、美しくも、どこか優しさや温かみを感じさせるような瞬間を捉えています。 日々の暮らしの中に、豊かな詩情を見出したロニスの写真は、長い年月を経た今もなお人々の生き生きとした美しさを私たちに届けてくれます。 以下、展覧会メッセージより。

ウイリー・ロニス(1910 – 2009)は、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノーなどと共にフランスを代表する、世界的な写真家です。まさに20世紀の証人とも言える彼は、ルポルタージュ、広告、ファッションなど幅広い分野の作品を数多く残しました。 その生涯をパリ市民として過ごしたロニスは、パリの街をくまなく歩き回り、労働、反抗、お世辞、毅然とした態度、謝罪、諦め、落胆、そして死といった人々の営みを静かに見つめ、現代の私達と同じように悩み、真摯に生きる姿を写し出しました。 「用心深く、誠実であるままに人生の道を進む」という考えのもとに生み出された作品には、ロニスの最も身体化された「パリの自由」が写りこんでいるのではないでしょうか。その一瞬は永遠となり、今も色褪せることなく私たち見る者の心に感動を与えてくれます。 本展では、ウイリー・ロニスが生涯をかけて撮影したパリの日常に焦点を当て、何必館コレクションの中から、厳選されたサイン入りオリジナルプリント約60点を展覧いたします。

ホンダメンタ・ヌォーヴェ、ヴェニス 1959年 何必館・京都現代美術館蔵

捕虜の生還、パリ 1945年 何必館・京都現代美術館蔵

バスティーユの恋人 1957年 何必館・京都現代美術館蔵

「没後10年・ロニスの愛したパリ WILLY RONIS展」

会期
2019年4月11日~6月23日
会場
何必館・京都現代美術館
住所
京都府京都市東山区祇園町北側271
電話
075-525-1311
開館時間
10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日
月(4月29日、5月6日は開館)
観覧料
一般 1000円 / 学生 800円
アクセス
京阪祇園四条駅徒歩3分
詳細
http://www.kahitsukan.or.jp/
ウィリー・ロニス / Willy Ronis
1910年、フランス、パリに生まれる。
1932年、幼い頃から音楽家になる夢を持っていたが、父親の病気により家業である写真館を引き継ぐことになり、写真家の道へ進む。 パリの風景や街の写真撮影を始め、戦後はパリのルポルタージュ写真を様々な写真誌に提供するなど、その後も広告やファッション分野を中心に活躍し、写真家としての地位を確立。「Vogue」誌のほか、フランス人として初めてアメリカの「LIFE」誌でも活動した。 1995年には、文化功労受勲者となる。2009年、パリにて永眠、享年99歳。
Text : STUDIO HAS
エディトリアルスタジオ「STUDIO HAS(スタジオ・ハス)」。メディア「HAS 」の運営をはじめ、編集・デザインを軸に様々なメディアの制作を行なっています。