お気に入り登録について
About Favorite Function
本サイトのお気に入り機能は、気になる記事、後から読み直したい記事など、お好きな記事をご登録頂くことで、読者の皆様独自の記事のアーカイブを作成出来る機能です。当サイトの、お気に入り機能は、全てのユーザーがご利用頂けますので、是非お気軽にご利用下さい。
search

title

ブラジルのギター奏者 コンハード・パウリーノが美しいソロ・ギター作品を発表

ブラジルで活動する ギター奏者 Conrado Paulino(コンハード・パウリーノ)が通算2枚目となるアルバムを発表した。
「A Canção Brasileira(ブラジルの歌)」と名付けられた今作は、ブラジルの偉大な歌集に捧ぐことをコンセプトとして掲げ、シコ・ブアルキ、エドゥ・ロボ、アントニオ・カルロスジョビン、イヴァン・リンスといったブラジルを代表する音楽家の楽曲を取り上げている。
コンハード・パウリーノが奏でる、美しく、繊細なギターの音色は、遠い異国の郷愁を私たちに感じさせてくれます。

「a Canção Brasileira」
artist : Conrado Paulino
release : 2018.10.5
label : Tratore
price : ¥900
購入・ストリーミング
購入・ストリーミング
a Canção Brasileira
Conrado Paulino
コンハード・パウリーノ(作曲家・ギタリスト)
1960年、アルゼンチン ブエノスアイレス生まれ。
その後、ブラジルに移住し、ギタリスト、アレンジャー及び作曲家として活動している他、 サンパウロ州立の音楽学校EMESP(Tom Jobim音楽学校)で教授を務めている。
text : STUDIO HAS
エディトリアルスタジオ「STUDIO HAS(スタジオ・ハス)」。メディア「HAS 」の運営をはじめ、編集・デザインを軸に様々なメディアの制作を行なっています。
Share the Article
ブラジルのギター奏者 コンハード・パウリーノが美しいソロ・ギター作品を発表
2019.1.16
Support記事をサポート
Support
For Beautiful Story
ひとつひとつの物語に丁寧に向き合って頂きたいという思いから、基本的に広告掲載は行なっておりません。 記事をお読み頂き、何かしらの価値や共感を感じて頂けましたら、サポートをして頂けると幸いです。
運営費として大切に使わせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。
サポートにはPaypal.meを利用しています。